本荘修二とは何者なのか

「本荘修二」という人物を一言で語ることは難しい。彼に会ったことのある人間なら、誰でもそう言うだろう。

けっして、難解な人物ではない。むしろいつも穏やかで、意見は一貫しており、明快な人物である。
だが出会った人は、必ずこの疑問を持つことになる。果たして本荘修二は何者なのか、と。そして何を生業にしているのか、と。
いったいそれは、何故なのか? 

「その男、本荘修二。」−調査対象者− 本荘修二[ほんじょう しゅうじ]

調査報告書『本荘修二リポート』

我々は、ある調査機関である。
今回『本荘修二オフィシャルサイト』を作るにあたって、氏の正確なプロフィールが欲しいとweb制作会社Tから依頼があった。
我々調査班はその依頼を引き受け、この問題に真っ向から向きあい、真の「本荘修二」という人物に迫るべく、徹底的な調査をしたのである。

以下はその調査報告書「ドクター本荘レポート」である。この報告書を最後まで読んだ時、あなたは本当の本荘修二氏の真の姿がわかる...かもしれない。

調査報告 其の壱 経歴

グローバルカンファレンスにてアンバサダーを務める本荘修二氏。か、かっこいいじゃないか...。

まずは基本情報の把握のため、本荘修二氏の生い立ちから現在に至るまでをたどってみた。

1964

王貞治が、55号ホームランの日本記録を達成し、東京オリンピックでは日本の金メダル16個を獲得したこの年の3月17日、本荘修二氏は福岡県で生まれる。
鹿児島のラ・サール高等学校を卒業し、東京大学理科一類(その後工学部金属工学科)に進学。

大学時代には、すでにベンチャー経営者・コンサルとの接点を持ち、学生ライターとして活動していたらしい。
そしてさらに調査した結果、こんな経歴があることも判明した。
インディーズのバンド・マネジャーや、イベント制作、雑誌「ロッキンf」で日本のロック担当だったとのこと。なんと意外な...。ふむふむ。

1987

国鉄が民営化しJRに変わり、マドンナ、マイケルジャクソンが来日したこの年に、本荘修二氏は、株式会社ボストンコンサルティンググループに入社している。その後、ペンシルベニア大学ウォートンスクールMBA/Visiting Scholarへ。このあたりから、米国とのつながりが始まっていそうだ。

大学院卒業後も米国で働いている。コンピュータ・サイエンス・コーポレーション(CSC Index)、CSK/セガ・グループ 会長付・グループ戦略室マネジャー、米国セガソフト・ネットワークス社 マーケティング・ディレクター。
この米国での4年半はいろいろと大変だったらしいとの本人の証言記録もある。

1998

サッカーW杯仏大会に日本が初出場し、映画「タイタニック」が大ヒットしたこの年、経営コンサルタントとして本荘事務所を設立。
その後も引き続き米国企業との関わりが深い。
以下は、この時期、本荘氏が務めた米国企業である。

  • ジェネラルアトランティックLLC 日本代表
  • リーマンブラザーズ証券株式会社 投資銀行本部SVP

「特に大きな影響を受けたのは、ボストンコンサルティンググループ、CSK/セガの大川会長、ジェネラルアトランティック」と本人がコメントしている記録も見つかった。
数多くの問題児....いや、ボスの元で、大企業のサポートをこなしてきた経験が、今に生きていると推測する。

また、これらそうそうたる企業で活動する間にも、早稲田大学アジア太平洋研究科博士課程に入学し、博士号を取得したかと思うと大学の客員教授にも就任。自身に常に学ぶ姿勢があるだけでなく、学ぶ人に対し、自分の知見を提供することを惜しまない姿勢が伺える。

現在は、多摩大学 客員教授(実践アントレプレナーシップ)、大企業、ベンチャー企業、他数社のアドバイザー(Net Service Ventures顧問ほか)、500 Startups、Founder Instituteなどのメンター、日本マーケティング協会誌編集委員、そして本荘事務所代表として、新事業、マーケティングやIT関連ビジネスなどの経営コンサルティングを手掛ける。

以上が、現在の本荘修二の活動内容である。
じ...実に多彩。

詳しくはプロフィールのページへ

調査報告 其の弐 関係者の証言

ある人間の人物像を浮き彫りにするには、その人物の関係者に聞き込みをするのは調査の鉄則であり基本だ。今回もそれを試みてみた。
本荘修二氏の交友関係は広い...。実に広い...。凄まじく広い。
そのネットワークは、日本だけにとどまらず世界に広がっている。今回は、彼を良く知る人物に「本荘修二氏とは如何なる人物か?」を語っていただいた。これがその証言である。

ここだけの話、インタビューと言っておいたが、実は事情聴取である。
皆さまご苦労。

藤川 真一

初めてお会いしたのは、もう10年以上前。とあるビジネスの執行役として僕らの目の前に颯爽と現れました。キラキラキャリアを支えてきた頭脳明晰さと、それに相反する?人当たりの良さと机の上の汚さが本荘さんですw
全ては語らずとも成長と先を見据えたアドバイスをもらえます。起業する前には是非とも相談しておきたい兄貴であります。

BASE株式会社 (BASE, Inc.) 取締役CTO
藤川 真一

吉田 就彦

本荘修二はお茶目である。その小さなつぶらな瞳も勿論そうであるが、それ以上に振る舞いがお茶目である。ベンチャーの小難しい事を解説しているときよりも、世紀のご結婚のことを披露したときや会議で自分の企画をいかにもフレキシビルを旨とするように語る時が、とってもお茶目で、本荘修二の本質だ。とはいえ、そのお茶目さゆえにあんな奥さん。そのお茶目さは油断がならない。

ヒットコンテンツ研究所代表取締役社長、
デジタルハリウッド大学大学院教授
吉田 就彦

今村 元一

ホンジョーさんを一言でいえば「フクロウのような人」ですね(きっと真後ろを見ることもデキます)。
日常の発言も「重い」というか「思慮深い」というか、後からジワジワ来ます。しかもお茶目で、夕暮れ時にバタバタしてる姿(?!) は、ホント「愛すべき存在」です。

株式会社クエステトラ 取締役 & 代表執行役CEO
今村 元一

Richard Melmon

Shuji has been my dear and respected friend for almost 20 years. He is a man possessed of charm, wit, elegance, and deep knowledge. Silicon Valley is his second home. He is a most trusted advisor.

Managing Partner, Net Service Ventures, and Managing Director, Bullpen Capital
Richard Melmon

本荘 絢子

いつでも慌てず騒がず問題を解決してくれる。出会った時から一緒に暮らすようになった今でもずっと。決して上から目線で意見を言ったりしない。ちゃんと話に耳を傾けてくれて、必要な時に的確なアドバイスをくれる。私の姉が言っていた「本荘さんと話しているとお坊さんと話しているみたい」そう!まさにそんな感じ。おちゃめでおもしろいお坊さん。それが私の夫。

ピアニスト
本荘 絢子

http://www.junkohonjo.net/

Todd Porter

A modern day entrepreneurial samurai

Honjo-san generously lends his support to countless young entrepreneurs & projects to improve the entrepreneurial ecosystem--as well as adding atmosphere with his traditional Japanese kimono!

Co-founder, TEDxTokyo
Todd Porter

谷口 和繁

本荘さんという人は、なかなか謎多き人です。和服で颯爽と現れ、ワインに薀蓄を傾けたかと思うと、教職というイメージとかけ離れた姿でFBに写っていたりします。相手が若い人でも真剣に話を聞き、時に厳しい言葉を投げても暖かい心を感じさせるためか、いつも周りに人が集まる羨ましい人柄です。

Advisor, Inter-American Development Bank
(元 世界銀行駐日特別代表 )
谷口 和繁

Steve Denning

Shuji is a former colleague and long-time friend, who epitomizes trust, loyalty, drive, determination and dogged thoroughness. Whenever I asked Shuji a question, I only get an answer if he believes he really knows, in detail, the answer; otherwise, you hear him say "I don’t know" after which I will receive a thoroughly researched and complete response. I relish his friendship.

Chairman, General Atlantic LLC
Steve Denning

岡島 悦子

海外と日本、英語と日本語、大企業とベンチャー企業、大人と若手経営者、アカデミアとビジネス、男性と女性…こうした垣根をスイスイと超えて、越境の仲介人、促進人をしている修ちゃん。つぶらな瞳と優しい語り口で、相手の胸襟を開くので、クライアントや対象者は、事業開発でも事業連携でも、今まで越えられないと思っていた壁を越えられるんじゃないか、という気にさせてもらえる、本荘修二とは、そんな人間アクセラレーターのような人。一方では、無思慮や不見識や評論家的野党を一切許さない、侍のような魂も持っているからこそ、本当に信頼できるプロフェッショナルである。

株式会社プロノバ代表取締役社長
岡島 悦子

なるほど。なるほど。とにかく、本荘修二氏は、かなりの人気者であり、皆が絶大なる信頼を寄せていることは疑いようのない事実である..。

調査報告 其の参 本荘修二マル秘徹底解剖!

調査ファイルを元に、独自の解析チームが本荘修二氏を分析した。この分析が「彼が何者なのか」の答えを導きだすに違いない。

  • Brain:世界情勢から、音楽、文化、果てはサブカルチャーまで。膨大な情報がインプットされ、アイデアが産み出されていく。面白いことが栄養素!
  • Eyes:ソフトなまなざしで、実は鋭く観察し物事を的確に分析する真実の目。このまなざしに君は耐えられるか!?ドキドキきゅーん
  • Ears:まず耳を傾ける。これが本荘修二の基本。その証拠に、彼の耳は話す人の方向をグイと向いているのだ!
  • Voice:その低いトーンから発せられる言葉には命がやどり、聞く者に安心感を与える。うっとり...。
  • Hands:知識と経験から産み出されるのは言葉だけではない!その想いは活字となって、ビジネスパーソンの「知りたい!」のツボをおさえた著作を生み出す。
  • Wear:時には着物のことも!柔軟な思考は、衣服の着こなしにも現れる。その着こなしに魅了されるファンも多い?着付けには、かなりのコダワリあり。
  • Heart:キラリと光るものを持つ問題児を放っておけない!。熱くたぎるハートの鼓動が1,000ホンジョーを超えると、正義の味方に変身する!
  • Legs:フットワークの軽さは折り紙付き。世界のどこへでも駆けつける!ただし着物着用の場合は、やむをえずゆったりめ。
Brain:世界情勢から、音楽、文化、果てはサブカルチャーまで。膨大な情報がインプットされ、アイデアが産み出されていく。面白いことが栄養素!
Eyes:ソフトなまなざしで、実は鋭く観察し物事を的確に分析する真実の目。このまなざしに君は耐えられるか!?ドキドキきゅーん
Ears:まず耳を傾ける。これが本荘修二の基本。その証拠に、彼の耳は話す人の方向をグイと向いているのだ!
Voice:その低いトーンから発せられる言葉には命がやどり、聞く者に安心感を与える。うっとり...。
Hands:知識と経験から産み出されるのは言葉だけではない!その想いは活字となって、ビジネスパーソンの「知りたい!」のツボをおさえた著作を生み出す。
Wear:時には着物のことも!柔軟な思考は、衣服の着こなしにも現れる。その着こなしに魅了されるファンも多い?着付けには、かなりのコダワリあり。
Heart:キラリと光るものを持つ問題児を放っておけない!。熱くたぎるハートの鼓動が1,000ホンジョーを超えると、正義の味方に変身する!
Legs:フットワークの軽さは折り紙付き。世界のどこへでも駆けつける!ただし着物着用の場合は、やむをえずゆったりめ。

以上の分析結果により、導きだされた答えは...

正義の味方!!

そうなんです。正義の味方なんです。
綿密な調査により判明した、本荘修二の「頭脳」「好奇心旺盛さ」「フットワークの軽さ」「美的感覚」そして「ユーモア」の数値の高さ。
そして多くの人たちから指示される人気の秘密は、そのまっすぐな人柄。
本荘修二氏は、まさに現代の社会における正義の味方...としか形容しがたいことが判明した。

キラリと光るものを持った(よい意味での)問題児を放っておけない性格だ、という彼自身の言葉もこの分析結果を裏付けているのではないだろうか?
人の役に立つことを好むという分析からも、まさに正義の味方...。

以上が、「本荘修二レポート」の結論である。
この結論が出たところで、我々の今回の調査は終わったのである。
だが...

今日もどこかで、本荘修二氏は、
誰かのビジネスの成功のために そして
世の中をよりよくするために
交わり、つくる。 を続けている。

本荘修二にコンタクトしてみる

※ 怪獣や悪の組織とは戦ったりはしませんので、その手のご依頼は受け付けておりません。